イメージ画像

上乗せ労災

民間の保険会社が運営する労災保険には「上乗せ労災」「任意労災」と呼ばれる2種類のものがあります。

上乗せ労災は「政府労災の給付に上乗せする形で支払いが受けられる労災保険」という意味で使われる言葉で、任意労災というのは「労災認定がされたかどうかにかかわらず、ケガをしたという事実に対して、支払いを受けられるもの」という意味合いで使われます。

任意労災がなぜ必要になるかというと、政府が運営する労災保険だけでは、生活に困るという方が多いからです。

怪我や病気などで働けないときというのは「医療費などがかさみ、出費が増える」ということの他に、「収入がストップしてしまう」という点で、二重の苦しみを負うというケースが多いのです。
労災事故に対する補償だけではなく、訴訟になった場合の弁護士費用なども補償してくれる保険商品もあります。
さらに、労働災害の問題で裁判になった場合には、損害賠償金が多額にのぼってしまうことが多いのも最近の傾向です。

建設業界では、ひとたび「けがをした」ということがあると、長期の療養が必要になったり、後遺障害で元通り働けないといった事態になる人もいます。
労働災害に遭ってしまった人に、迅速で誠意をもっての対応ができれば、裁判沙汰にまで発展することはないというケースもあります。
そのため、労災保険への加入をしておけば、迅速な対応を行うことができるというケースもありますので、上乗せ労災・任意労災はぜひとも加入しておきたい保険の一つです。

« 建設工事保険 | ホーム | 生産物賠償責任保険 »

このページの先頭へ