イメージ画像

セットプランとは?

建設業を営む企業・個人事業主の皆さんが加入するべき保険は、
●建設現場での事故に備える保険
●従業員の労働災害に備える保険
●第三者に損害賠償を行う場合に備える保険
の3種類に分けられます。

これらは「どれか一つにだけ加入していればいい」というものではなく、貴社の事業内容に合わせて、必要な補償を得ておく必要があります。

一度の契約で、様々な補償が得られるよう、セットプランを発売している保険会社もあり、このような保険に加入すると、次のようなメリットがあります。
●事故が起こった際の連絡先が一か所で済む
●補償内容ごとに保険をバラバラに選ぶという場合に比べると、補償内容が重複する心配がない
●バラバラに保険を選んだ場合に比べて、保険料が安く抑えられることが多い

また、保険会社や保険商品にもよるのですが、保険内容はまったく同一のものではなく、ニーズに合わせて契約内容を変化させることもできます。
たとえば、労働災害への備えを重点的にすることや、賠償責任に関する補償を手厚くするといった方法があります。
ただし、セットプランを選ぶことで「不必要な補償までつけざるを得ない」というケースも考えられます。

「まず、貴社にとって必要な補償は何か? その金額は?」ということを明らかにし、そのような補償が得られる工事保険を選ぶという流れが必要です。
その中でセットプランが選択肢に入るかもしれませんし、個別に契約をするほうが得をするという結果になるかもしれません。

« 土木工事保険の特約 | ホーム | 建設工事保険とは? »

このページの先頭へ