イメージ画像

建設工事保険とは?

建設工事保険とは、住宅、ビル等の建設工事を行っている期間中に、天災、盗難、作業員のミスなどが原因で工事の目的物などに生じた損害に対して、補償が受けられる保険です。

ただ「建設」という言葉のイメージは、日常用語とこの保険ではやや異なります。
たとえば、建物の内外装なども含めて「建設」というときがありますが、工事保険の世界では「組立保険」という保険で補償されることになります。
建設工事保険の対象とならない工事として、次のようなものがあります。
●解体、撤去、分解または取片付け工事
●機械、装置、鋼構造物等を据付ける組立工事を主体とする工事(組立保険の対象)
●道路工事、上下水道等、土木構造物を建設する土木工事を主体とする工事(土木工事保険の対象)
●船舶にかかわる工事、海上浮揚物件にかかわる工事

建設工事保険の対象となるのは、次のものです。
(1)工事の目的物
(2)本工事に付随する支保工、型枠工、支持枠工、足場工、土留工、防護工その他の仮工事の目的物
(3)工事用仮設物((1)の工事のために仮設される電気配線、配管、電話・伝令設備、照明設備および保安設備)
(4)現場事務所、宿舎、倉庫その他の工事用仮設建物およびこれらに収容されている什器・備品(家具、衣類、寝具、事務用具および非常用具に限る。)
(5)工事用材料および工事用仮設材

貴社の業務内容によっては、建設工事保険だけではなく組立保険や土木工事保険に加入する必要も出てきますので、事前に貴社の業務内容と、必要な保険について、しっかり検討しましょう。

constructions_2980260.jpg

« セットプランとは? | ホーム | 組立保険とは? »

このページの先頭へ