イメージ画像

組立保険とは?

工事現場で起こった事故による損害を補償してくれる保険の中で、「組立保険」というものがあります。
組立保険が対象とする工事は「組立工事」と呼ばれるもので、たとえば建物の内・外装工事、電気設備工事・空調設備工事・給排水設備工事・ガス設備工事・プラント建設における設備の工事などです。
その工事が行われている期間中に偶発的な出来事、作業員のミスなどが原因で生じた事故が原因で生じた損害を補償してくれるのです。

保険の対象となるのは次のものです。
(1)工事の目的物
(2) (1)に付随する支保工、型枠工、支持枠工、足場工、土留工、防護工その他の仮工事の目的物
(3)工事用仮設物((1)または(2)の工事のために仮設される電気配線、配管、電話・伝令設備、照明設備および保安設備)

(4)現場事務所、宿舎、倉庫その他の工事用仮設建物およびこれらに収容されている什器・備品(家具、衣類、寝具、事務用具および非常用具に限る。) (5)工事用材料および工事用仮設材

なお、資材置き場などが工事現場から離れた場所にある場合、あるいは、工事現場で必要な作業を行うことができず、別の場所で作業を行った場合については、その部分に関する補償も受けることができます。

ただし、次のものは保険の対象とはなりません。
(1)据付機械設備等の工事用仮設備(据付費および付帯設備工事費を含む)および工事用機械器具ならびにこれらの部品
(2)航空機、船舶、水上運搬用具、機関車または自動車その他の車両
(3)設計図書、証書、帳簿、通貨、有価証券その他これらに類する物
(4)触媒、溶剤、冷媒、熱媒、ろ過剤、潤滑油その他これらに類する物
(5)原料または燃料その他これらに類する物

« 建設工事保険とは? | ホーム | 土木工事保険とは? »

このページの先頭へ