イメージ画像

一人親方の工事保険とは?

建設業界には一人親方として働いている方が多数いらっしゃいますが、最近は工事を請け負う際に、発注元の企業が一人親方の保険の加入状況を厳しくチェックする傾向があります。
そのため「必要な保険にはきちんと加入している」ということを、アピールできるのが望ましいでしょう。

一人親方は個人事業主ですのが、労災保険に加入することはできないのですが、建設業界の一人親方は、実際の業務や労働環境が「労働者」に近いと考えられます。
そのため、国は「一人親方労災保険特別加入制度」を設けて、一人親方も労災保険に加入できるように計らっています。
この制度に加入しているという事実が、発注元の企業によい印象を与え、仕事を受注できることにもつながる可能性があるので、まず加入しておきたいですね。

なお、この場合の一人親方とみなされるのは「労働者(従業員)を一切使用しない」「労働者を使用したとしても、見込みとして年間100日以内である」という方を指します。
また「専従者」、つまり一人親方と生計を同一にしている家族従事者についても、一人親方労災保険特別加入制度を利用しての労災加入が可能です。
この制度に加入すると、掛金として支払った金額は全額が社会保険料控除の対象となるため、節税効果も期待できます。
何よりも、労働災害・通勤災害の際に、療養給付を受けられ、自己負担ゼロで医療機関での治療を受けることができるという点が、大きなメリットとなります。
なお、療養給付は「傷病が治癒するまで」給付が受けられることと決まっています。

« 土木工事保険とは? | ホーム | 工事保険の必要性 »

このページの先頭へ