イメージ画像

生産物賠償責任保険

製造物責任法(日本では1995年7月に施行)によると、企業が「製造・販売した製品や商品」「仕事の終了後、行った仕事の結果」が原因となって、他人の身体や財物に損害を与えてしまった場合には、この法律に基づく損害賠償責任を負うことになっています。
たとえば、看板の設置工事などが完了した後に、施工ミスによってその看板が落下し、他人の身体に怪我をさせてしまったとか、他人の財物を損壊してしまった、といった場合には建設業者が損害賠償責任を負わなければなりません。
そして、裁判を起こされてしまった場合には、損害賠償金の金額が多額に上ること多いですし、マスコミに報道されてしまった場合は、企業イメージの悪化にもつながります。

生産物賠償責任保険に加入しておくと、事故が起こった場合には次の費用を支払ってもらえます。
●法律上の損害賠償金
●訴訟費用・弁護士費用等の争訟費用
●損害防止のため、軽減のための費用
●事故発生時の応急手当などの緊急措置費用
●保険会社側から要求された場合の協力費用
また、建設業界では経営者の方が建設現場でも重要なポジションで活躍しているケースが多く、裁判になって経営者自らが法廷に立たなければならないという場合には、現場の作業が立ち行かなくなることもあります。
しかし、生産物賠償責任保険に加入しておくことで、保険会社に対応してもらうことができます。
そのためにも、ぜひとも加入して頂きたい保険だと言えますね。

« 上乗せ労災 | ホーム | 組立保険 »

このページの先頭へ