イメージ画像

工事保険選びで大切なこと

工事保険を選ぶにあたり、大切なことは「必要な補償を、必要なだけ受けられるようにする」 ということです。
「必要以上の補償」を得ようとしても、保険料がかさんでしまうだけで、補償としては「実際に損害を受けた金額」だけしか得られない仕組みになっています。

また「必要な補償が得られない」という状態では、なんのために保険に加入しているのかわかりません。
そのため、貴社の業務内容を正確に洗い出したうえで、保険会社の担当者や保険代理店に相談する必要があるのです。

この時に、情報が正確に伝わっていなければ、担当者も保険の設計ができなくなってしまうのです。

工事保険に加入していたにもかかわらず「事故が起こったのに、必要な補償が得られなかった」というトラブルは、残念ながら起こっています。
契約時に、保険会社側との意思疎通ができていなかった、というケースもありますが、貴社の業務内容や売上高、工事の種類、従業員の数や雇用形態などが変化している場合には、適切な保険の内容を、その都度選んでいく必要があるのです。
このようなトラブルを防ぐために、信頼のできる保険代理店や担当者を見つけること、そして貴社の業務内容を正確に伝えた上で、保険の設計を行ってもらう必要があるでしょう。

「保険で対応してもらえること・対応してもらえないこと」をきちんと伝えてくれる担当者のほうが安心できますね。
また「契約をいったん結んだらおしまい」ということではなく、長く付き合っていこうという姿勢の担当者・代理店のほうが信頼できます。

« 契約の方式は? | ホーム | 事故発生時にはどうする? »

このページの先頭へ