イメージ画像

保険代理店の役割とは?

「保険代理店」は、保険会社から保険商品の販売を委託され、保険募集を行うという事業を行っています。
保険代理店は、工事保険を必要とする皆さん(保険契約者)と、保険会社とのパイプ役となってくれる大切な存在ですから、ぜひとも信頼できる保険代理店を選びたいものです。

工事保険を取り扱っている「損害保険代理店」は、次のような権限を損害保険会社から与えられています。
●保険契約を締結する
●保険契約の変更・解約などの申し出があった場合、それを受け付ける
 (ただしクーリング・オフの受け付けは除く)
●保険料を領収する
●保険料の領収証の発行・交付をする
●契約者(工事保険に加入する人)などの告知・通知の受領
このため「工事保険の契約を締結する」ということは、「保険代理店と契約をする」というイメージを持つ人が多いでしょう。

また、工事保険に加入した後に、不測の事態が発生した場合には、保険代理店を通して、様々な手続を行うことになります。
このように、保険代理店というのはとても大切な役割を果たしてくれる存在で、長いお付き合いをすることになります。

工事保険に精通し、工事業界の事情(請負関係の多重構造や、公共工事を請け負う際に必要な補償等)を理解してくれる保険代理店を選ぶということが大事になるでしょう。
いくら信頼できる保険代理店を選んだとしても、貴社の業務内容などが代理店側に、正確に伝わっていなければ、貴社に最適な保険設計はできませんので、くれぐれもご注意ください。

« 保険見直しのポイントとは? | ホーム | 良い代理店を選ぶには? »

このページの先頭へ