イメージ画像

継続時に起こりがちなトラブルは?

工事保険というのは、1年といった保険期間を定めておき、その期間が過ぎる前に更新の手続きを行わなければなりません。
しかし、保険契約が継続できない場合や、保険料が急に跳ね上がるというトラブルが起こることがあります。
たとえば、保険期間中に保険金を請求する回数があまりにも多いと、契約を更新することができない場合や、保険料が値上がりする場合などがあるのは事実です。

そのことも考えて「事故が起こったら必ず保険金を請求する」のではないほうが、良い場合もあります。
そのような点をきちんと説明して、保険期間中から相談に応じ、事故対応も行ってくれる保険会社の担当者や、保険代理店のほうが信頼できるものです。
また、保険商品というのは新しいものが発売されることもありますし、貴社の事業内容・企業規模などが変化することもあります。

その場合には、機械的に昨年の保険内容と同じものを継続するのではなく、貴社にとって最適なプランを選んでいく方が良いのです。
にもかかわらず、更新の案内等を送ってくるだけで終わってしまう代理店は、貴社のことを本当に考えてくれているとは言えないでしょう。
ただ、貴社の側からも、事業内容の変更や補償内容について不安な点を積極的に相談してきたかどうかを考え直しましょう。

そのような姿勢を示すと、担当者としても「どのような補償内容・どのような商品を提案すればいいのか?」が把握できるようになりますので、それまでとは違う関係を築くことができるかもしれません。

« 契約時に起こりがちなトラブルは? | ホーム | 工事保険に加入するタイミングとは? »

このページの先頭へ