イメージ画像

工事保険の相談はどこにする?

工事保険に加入したいときに、もっとも大事なことを忘れてはいけないのです。
もっとも大事なこととは「必要な補償が得られ、事故対応をスピーディに行ってもらえる」ということであり、そのためには工事保険や建設業界に精通している保険代理店や保険会社の担当者に相談できることが必要です。

しかし、ついつい「自動車保険でお世話になっている人がいるから」「保険料が安い商品を選びたいから」といったことばかり、気にしてしまうというケースもありますので、注意が必要です。

designing-on-a-tablet_21361061.jpg

さて、工事保険に精通している担当者・代理店かどうかを見極めるためには、建設業についての会話をいくつか交わしてみることが大事です。
それによって建設業界の事情を理解しているかどうかがわかります。
また、どうしても不安という場合には「工事保険専門」と銘打っている代理店に思い切ってお願いするというのも良い方法です。
工事保険の説明を受ける中で「この保険さえ加入すれば、全て安心ですよ!」のような安易な言葉を、どんどん出してくる担当者よりも「これには対応できけれど、この場合は対応できない」といったことを、きちんと説明してくれる人のほうが信頼できるでしょう。

「保険で対応できないことがある」というのは、悪いことではありません。
「何に対応できないのか」が分かれば、他の保険に加入したり、その分の預貯金などを確保しておくという方法で対策をすることができるのです。

だからこそ「何に対応できないのか」をはっきり言ってくれる担当者とのご縁が大切なのです。

« 工事保険の支払い対象とならないのは? | ホーム | 事故が起きたら保険会社に連絡する »

このページの先頭へ