イメージ画像

事故が起きたら保険会社に連絡する

工事現場や店舗、事務所などで事故が起こった場合には、まず消防や警察への連絡、怪我人の救護をするとともに、保険会社への連絡をする必要があります。
連絡すべき内容は「どのような事故が起こったのか」「被害者がいるなら、その氏名、電話番号など」「怪我人がいるなら、その怪我の程度(ただし、怪我の救護を優先)」「損壊したものがあるならその状態」「事故の原因が分かるならその原因」などです。

デジカメや携帯電話についているカメラで、状況を撮影するとともに、二次被害の拡散防止を行うようにします。
保険会社への連絡を優先するあまりに、現場で怪我人の救護や二次被害の拡大防止をせずにただ待っていると、被害者の心証が悪くなってしまいますので注意しましょう。
事故の程度や原因によっては「保険を使わない」という結論が出るかもしれませんが、保険会社への連絡を入れておかなければ、それだけ事故対応が遅れてしまうこともあります。
保険会社に保険金を請求するためには「損壊したものや、怪我人の治療費などがどのくらいかかるのか?」を把握しなければなりません。

修理の必要があるものは修理費用の見積もりを取ること、修理が不能なものにかんしてはその旨の証明書を作成することが必要になります。
必要書類に関しては保険会社ごとに異なりますので、保険会社の担当者に相談しながら進める必要が出てくるのです。
事故対応をスムーズに進めるためにも、保険会社への連絡は早めに入れる必要があるのです。

« 工事保険の相談はどこにする? | ホーム | 火災保険 »

このページの先頭へ