イメージ画像

使用者賠償責任保険

工事現場などで労災事故が起こった場合には、現場作業員の方々に対して、雇用主である貴社が損害賠償責任を負うというケースがあります。
たとえば、安全配慮義務を怠ったと認められた場合には、その損害賠償金額は膨大なものになることも増えています。

従業員の皆さんが怪我や病気から回復するまでの医療費などに加えて、慰謝料を支払う必要も出てきます。
従業員を一人でも雇っている企業ならば、政府労災に加入していることが原則ですから、まずは政府労災の療養給付や休業給付を受けてもらうことが第一ですし、貴社に補償規定があるなら、その規定を適用することになります。
政府労災の給付や貴社の補償規定を上回って、損害賠償金を支払う必要が出てきた場合には、使用者賠償責任保険に加入しておくことで、超過額を補償してもらえるようになります。

また、安全配慮義務を怠ったかどうかという点など、裁判で争うことになった場合には、訴訟費用や弁護士費用などを、使用者賠償責任保険で補償をしてもらえるようになります。
保険に加入しておけば、現場作業員の方に対し、迅速に行動できるようになります。
逆に「保険に加入していないから、損害賠償金をできるだけ少額に抑えよう」と、行動が遅れたり、「誠意がない」と受け取られる対応をしてしまったりした場合には、企業イメージが損なわれることがあるのです。
このようなことを防ぐためにも、使用者賠償責任保険を活用していくと良いでしょう。

« 貨物保険 | ホーム | 施設所有管理者賠償責任保険 »

このページの先頭へ