イメージ画像

生産物賠償責任保険

建設業に携わっている皆さんなら「工事が完了した後に、何らかのトラブルが生じ、その責任を追及される」という可能性があることは、よく御存じでしょう。
特に1995年7月1日に製造物責任法(product liability、PL法)が施行されたことで、消費者の方々にとっては「企業の責任を追及しやすい環境」が生まれています。

もちろん「本当に企業の側に責任があるのか」は、裁判などで争われるところであり「訴訟を起こされた=必ず損害賠償責任が生じる」というわけではありませんが、対策をしっかり考えておいて損はないでしょう。
建設業界で考えられるPL事故としては「電気関係の工事を行った後に、その工事のミスが原因で火災や漏電などが発生した」「看板等の施工においてミスがあり、工事完了後に看板が落下して、通行人に怪我をさせたり、自動車などを損壊させたりした」ということでしょう。

これらの事故による損害は、賠償額が大きな金額に上ることが多いものです。
そして、裁判になった場合には弁護士費用などが掛かります。
また、経営者自らが出廷して争うということになると、その間、自社の事業をどう続けていくのかということも、心配になります。
保険に加入しておくことで、事故への対応や裁判への対応を、保険会社に任せることができるようになりますし、PL事故に詳しい弁護士に対応をしてもらうことができます。

PL保険に加入すべきかどうか、どのような商品が良いかということも含めて事前にしっかり検討しておく必要がありますね。

« 自動車保険 | ホーム | 特約とは? »

このページの先頭へ