イメージ画像

補償の範囲を広げる方法

建設業を営むために必要な補償は多岐にわたります。
全ての補償を一つの保険で得ることはできませんので、複数の保険を選んで加入するか、主契約だけではなく特約を付けて補償の範囲を拡大するという方法があります。
また、セットプランとして複数の保険や特約を組み合わせた状態で発売されているものもあり、契約内容の重複が生じないように設計されています。

どの方法、どの商品を選ぶか決める前に「事故が起こった際には、スピーディな対応が必要となる」ということに注意しなければなりません。
たとえば、主契約に特約を付ける、セットプランの保険を選ぶという方法で、契約の本数を絞り込んでおくと、事故が起こった際の連絡先が少なくて済みますので、便利です。
一方で、保険料などをできるだけ抑えられるように、複数の保険会社の商品を検討し、保険商品ごとに納得のいくものを選ぶという方法もあります。
しかし、事故が起こった際には保険会社への連絡がスムーズにできるように、よほど気を付けていなければなりません。
また、本当に必要な補償が得られるのかをしっかり検討して、漏れのない契約内容にしておく必要もあります。

保険料を抑えられるというメリットと、事故が起こった際に手間暇がかかってしまうというデメリットのどちらが大きいかを考えることが大切でしょう。
いずれの契約方法を選ぶとしても「貴社の業務内容や保有施設を正確に把握し、保険会社側(担当者や代理店など)に正確に伝える」ということが大切です。

« 特約の例(その2) | ホーム | 工事保険の給付内容 »

このページの先頭へ