イメージ画像

任意労災とは?

工事現場では、現場作業員の方が作業中に怪我をしたり、病気になったりするという可能性があります。
また、通勤途中に何らかの事故に遭う場合もあります。
これらの「労災事故」に遭った労働者は、政府が運営する「政府労災」の給付を受けることができます。

一人でも従業員を雇っている企業などは、政府労災に加入する義務がありますが、政府労災から受けられる給付は必要最低限のものと考えておく必要があります。
より手厚い補償を行うためには、民間の保険会社が運営する労災保険に加入する必要があります。
民間の保険会社が運営する労災保険には、大きく分けて次の2種類があります。
●上乗せ労災......労働災害であると認定され、労災保険が使えることとなった場合に、政府労災に上乗せする形で受け取ることができるもの
●任意労災......国の労災認定とは関係なく、仕事中に怪我を負ったり、後遺症が出たりした場合に、補償を受けられるもの
任意労災と呼ばれるものは、傷害保険をベースとして設計されているものが多いので、労働基準監督署の労災認定が下りるのを待たずに、補償を受けることができます。

特に、建設業界で働く人々にとっては、「働く日数が減ることが、収入減に直結してしまう」ということもありますので、休業補償などが受けられるに越したことはありません。
政府労災にも休業補償はあるのですが、より手厚い補償を用意しておくことで、現場作業員の人々に安心して作業に従事してもらうことができます。

« 土木工事保険 | ホーム | 賠償責任保険 »

このページの先頭へ