イメージ画像

賠償責任保険

賠償責任保険というのは、建設業に携わる人々が「他人への賠償責任を負った場合」に役立ってくれる保険です。
建設業者の方々の事業内容によっても、どの賠償責任保険が必要になるかは異なるのですが、建設業者の方の多くが「請負業者賠償責任保険」を必要とすることでしょう。

「請負業者賠償責任保険」は、請負業務の遂行や、請負業務を行うために所有、使用または管理している施設が原因となって、他人の身体に危害を加えたり、他人の財物に損害を与えてしまった場合に適用されるものです。
建設業界では「資材や設置工事中の看板などが落下して、第三者の身体に怪我を負わせたり、自動車などを損壊してしまった」というケースが考えられます。
このような場合には、危害を加えた側が、事故が起こる前の状態に復旧しなければならないという法律上の損害賠償責任が生じます。
特に、建設現場で事故が起こった場合、損害の規模が大きく、人体に与える影響も多大なものになる傾向があり、結果的には損害賠償金額が多額に上ってしまうことがあります。

被害者となった人が裁判を起こした場合にも、十分な補償を行えなければ、企業としてのイメージが悪化することも懸念されます。
損害賠償責任保険に加入しておくことで、保険会社と相談しながら対応することができ、迅速で誠意ある対応を行えることにつながります。
企業の姿勢によっては「裁判までは発展しないで済む」ということもありますので、ぜひとも保険に加入しておきたいですね。

« 任意労災とは? | ホーム | 建設工事保険の特約 »

このページの先頭へ