イメージ画像

建設工事保険の特約

建設工事保険の主契約だけでは補償されない範囲まで補償を受けたい場合、他の保険に加入する方法と、主契約に特約を付けることで、補償内容を拡大する方法があります。
他の保険に加入する方法に比べて、「主契約+特約」という形のほうが、保険料が抑えられることや、事故が起こった時の連絡先を統一できることなどのメリットがあります。

建設工事保険の特約として「水災危険担保特約」というものがあります。
主契約だけでは、高潮、洪水、内水の氾濫、豪雨による土砂崩れ、崖崩れなどが原因で生じた損害については保険金が支払われません。
しかし、「水災危険担保特約」をつけると、水災が原因で生じた損害についても、補償を受けられるようになります。

build-a-house-and-architect-tools_19-106619.jpg

建設現場では、工事の目的物が損害を受けるというケースの他に、貴社の補修する資材などが落下するなどの理由で、第三者の身体や財物に損害を与えてしまう場合もあります。
そのような場合に、法律上の損害賠償責任を負担すること(損害保険金や弁護士費用などを支払うこと)で生じる損害をカバーしてくれるのが「損害賠償責任担保特約」をつける方法があります。
ただし、損害賠償責任保険に既に加入しているという場合には、この特約を付けることで、補償の内容が重複してしまい、それだけ多額の保険料負担が生じますので、くれぐれもご注意ください。
建設工事保険にセットできる特約としては、生産物特約、施設所有管理者特約、労働災害担保特約などの特約が用意されている保険会社もあります。

« 賠償責任保険 | ホーム | 組立保険の特約 »

このページの先頭へ