イメージ画像

組立保険の特約

組立保険の主契約を結ぶと「組立工事」を行っている最中に、「工事の目的物」に生じた損害や、資材などに生じた損害について、損害を復旧するための費用を、補償してもらうことができます。
しかし、工事現場で生じる損害というのは、それだけではありません。

たとえば「看板の設置工事をしていたところ、誤って看板を落下させてしまい、通行中の人を怪我させてしまった」というケースも考えられます。
通行人の身体や財物に危害を加えてしまった場合には、損害賠償責任が生じますが、主契約だけではその場合の損害をカバーしてもらうことは、できません。
その場合には「損害賠償責任担保特約」を組立保険に付帯させることで、保険金を受け取ることができるようになります。
ただし、既に損害賠償責任保険に加入している場合には、この特約を付けると補償内容が重複してしまい、それだけ保険料を余分に負担しなければならない、ということもありますので注意してください。

工事中の事故が原因で、工事の進行が遅れてしまった場合には、資材を急ぎで調達し、輸送してもらう費用や、従業員の方々に超過勤務をしてもらい、割増賃金を支払う必要が出てくる場合もあります。
これらの費用をカバーしてくれるのが「特別費用担保特約」というものです。
特約をつけることで、補償の範囲は広くなりますが、その分だけ保険料を負担しなければなりません。
あらゆる保険に加入して、全ての「不安」「万が一の事態」に備えようとするのも無理がありますので、貴社の預貯金などを活用して、そのような事態に備えていく方法も考えましょう。

« 建設工事保険の特約 | ホーム | 土木工事保険の特約 »

このページの先頭へ