イメージ画像

建設工事保険

建設工事と一言でいっても、ビルや住宅の工事から、ビルの内外装、道路などを整備する工事など、様々なものがあります。
建設工事保険とは、ビルや住宅などの建物の建築工事を行っている工事現場で不測の事故が起こった際に、「保険の目的」について生じた損害を復旧 するための費用を、補償してくれるという保険です。
なお、この保険での「工事」には、増築・改装・修繕工事なども含まれます。

保険の目的としては、次のようなものがあります。
●ビルや住宅など工事の目的物(建築中の建物)
●支保工、型枠工などの仮工事
●工事のために仮設される電気配線、配管、電話・伝令設備、証明設備、保安設備など
●工事用仮設建物およびこれらに収容されている什器・備品
(工事用仮設建物は、現場事務所、宿舎、倉庫など)
(什器・備品とは、家具、衣類、寝具、事務用品、非常用品など)
(備品に含まれないものとして、大型オフコン、カメラ、携帯電話など)
●木材、鉄骨、セメントなどの工事用材料および工事用仮設材
工事用仮設物や資材置場などが工事現場とは離れた場所にある場合、建設工事保険の対象となっているものに限り 保険の目的に含めることができます。
担当者に「工事現場と離れた場所に、これらの施設がある」ということは、必ず伝えましょう。

保険の目的に含まれないものとしては、
▲据付機械設備等の工事用仮設備
▲工事用機械器具
▲自動車や航空機、船舶、設計図書、証書、帳簿、従業員の私物
などがあります。

d-buildings-and-the-floor-plan_38-4393.jpg
貴社がどのような工事を行っているかを洗い出し、建設工事保険が必要か、他の保険(組立保険や土木工事保険)が必要か どうかを検討しましょう。
保険会社の担当者や保険代理店に相談する場合には、貴社の業務内容をきちんと伝える必要があります。


ホーム | 上乗せ労災 »

このページの先頭へ